配列のテスト   
   

戻る


配列のテストです。

〜 コードと説明 〜

#!/usr/bin/perl 「usr/bin/」の部分はサーバによって違います。perlを実行させる時のおまじないみたいなものでしょうか。
@hairetsu=("abc","def","ghi",15,20); 配列変数は先頭に@マーク。( )でくくると、一回で代入できる。
\$hairetsu[5]=(\$hairetsu[3]+\$hairetsu[4]); 一つ一つの要素は\$マーク通常の HTML を print 文で表示させます。文の最後には必ず「;」(セミコロン)を付けます。
print "Content-type: text/html\n\n";  
print "<TITLE>配列1-cgi</TITLE>\n";
print "\$hairetsu[3] + \$hairetsu[4] = \$hairetsu[5]<BR>";
print "\$hairetsu[0] \$hairetsu[1] \$hairetsu[2] \$hairetsu[3] \$hairetsu[4]<BR>";
@hensuu=(@hairetsu+1);
print "[0..5]+1 => @hensuu<BR>"; #7になる
print "[0] => \$hensuu[1]<BR>"; #空白
print "hensuu[0..6] => @hensuu[0..6]<BR>"; #7になる
print "hairetsu[0..6] => @hairetsu[0..6]<BR>";
print "</HTML>\n";
print "</BODY>";  
print "</HTML>";  

これを実行すると以下のHTML文が生成され、それがブラウザに表示されます。
渡されたブラウザはそれをHTML文と解釈して、通常のウェブページと同様に表示します。

〜 生成されるHTML文 〜

Content-type: text/html


<HTML>
<HEAD>
<TITLE>簡単な perl の Script</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<HR>おきまりの表示です。・・・「表」の次には、なぜか「\」を入れないと文字化けします。?(゜_。)?(。_゜)?<P>
文字化けの例です。=> 「表示」「表面」「表札」は「\」を入れないとそれぞれ「侮ヲ」「楓ハ」「侮D」となります。<BR>
ようこそPerlスクリプトのサンプルへ。<BR>
やあ!世界 <= 直訳です(^^ゞ<HR>
<CENTER><A HREF='../pl-print1.html'>戻る</A></CENTER>
</BODY>
</HTML>

下のリンクをクリックするとこのCGIを実行します。

〜 このCGIの実行 〜


戻る